エルセーヌで脱毛

全身脱毛でムダ毛をすべて抜き去ってくれるだけでなく、毛穴の中にこびりついている皮脂や汗などの老廃物もまとめて取り除いてくれるのが、エルセーヌの脱毛プラン。エルセーヌで脱毛コースを契約すると、もれなくイオンパックというスキンケアサービスも特典としてついてきます。

全身脱毛コースといっても、エステサロンによっては回数保証だったり永久保証だったりして、サロンごとにいろいろなのですが、エルセーヌの場合には永久保証してくれるので、あとからムダ毛が再発した場合などにも対応してもらうことができます。

それだけではありません。全身脱毛コースでは、複数の部位を一度にまとめて施術してもらうことができるので、一度の来店で、まとまった時間の施術を受けることができます。少ない回数で効率的な施術を受けることができるというわけですね。また、施術のたびにイオンパックでリラックス&美肌を得ることができるので、エルセーヌに足を運ぶことによって肌がどんどんつるつるの美肌に改善されていく人も少なくないようですよ。

全身脱毛コースを契約する前に、1回1050円で体験できる脱毛体験プランにトライしてみるのもおすすめです。エルセーヌ独自のイオンパックやマイナスイオンによって、ムダ毛だけでなくストレスも同時に撃退できそうなリラックス感も得ることができます。

脱毛の回数

脱毛サロンでよく料金と一緒に年数や回数がかかれています。この年数は保証期間の事で、どのくらいの期間脱毛サロンに通えるのかを表しています。また、回数は何回脱毛できるのかということを表しています。ただ、ここで1年、10回という数字をみて、こんなにいっぱいできる!お得!なんて思わないでください。

考えなければいけない点が毛周期です。毛周期は毛が生え変わる周期のことで、2~3カ月に1度のペースが最適な脱毛周期であるといわれているのです。だから、いくら回数が多かったとしても、期間が短ければその回数分通うということができないことにもなります。しかも毛周期はホルモンバランスや出産、一度毛抜きで毛を抜いただけでもサイクルは乱れます。本来3カ月周期だった毛が数年後に生えてくるということもあるのです。つまり永久に脱毛はできないわけです。
こちらもどうぞ 脇脱毛は永久脱毛なの?

ですから、サロンでコース選びをする際には、損しない期間と回数を選ぶ必要があります。

一番無難なのは、期間、回数が無制限で施術を受けることができるサロンです。回数や保証期間が切れることがないので、お店が倒産しない限りはいつでも何度でも脱毛することができます。毛の量が多い方や、今まで毛抜きで自己処理していた方、ホルモンバランスが乱れがちな方はこの方が安心でしょう。
でも、そんなお得なサロンなんてあるの?と思っている方!大丈夫です。あります!

一番有名な回数、期間が無制限なサロンはミュゼプラチナムです。しかも価格は3600円という激安価格です。口コミの評判も高く、勧誘や押し売りもありません。もしも効果やサービスに満足することができなければ全額返金保証までついてきますので、お試し感覚でも利用できますし、初めてのワキ脱毛にはおすすめのサロンです。

血糖値とGI値の関係

血糖値を抑制するためには食後になるべく数値が上昇しないよう心がけることです。食物繊維などは糖質の吸収を遅らせることで数値の上昇を防いでくれる働きがありますが、そもそも血糖値が上昇しにくい食事を意識して摂取することも重要なポイントです。そんな血糖値対策に役立つのがGI値です。

これはブドウ糖を100とした場合の血糖値の上昇率のこと。つまり、数値が高ければ高いほど数値が上昇しやすくなることを意味しています。

たとえばわたしたちが日ごろ食べている白米は81、食パンは91と非常に高い数値となっています。これは炭水化物はブドウ糖に変換されやすいのが原因で、実はおなじみの食事は高血糖にはあまりよくないことがわかります。

他にもじゃがいもが90、フランスパンが93、うどんが85と高い数字となっています。これがどれだけ高いかは高血糖の原因になるといわれるチョコレートが91であることからもわかるでしょう。

一方、GI値が低い食品としては玄米が55、小麦全粒粉パンが50、トマトが30、大豆が30、ほうれん草が15などが挙げられます。もちろん、炭水化物は健康を維持するためになくてはならないものですから、必ず摂取する必要がありますが、こうしたGI値を調べ、数値の高いものから低いものに置き換えながら工夫していくとよいのではないでしょうか。

血糖値とクロム

血糖値が高くなりすぎると、糖尿病になってしまうわけなのですが、
糖尿病と非常に関係性の深い物質としてクロムというものがあるみたいなのです。

「糖尿病って血糖値が高くなると起こるものなんじゃないの?」と思われる方も
いらっしゃると思うのですが、実はこのクロムという物質も大きな関連性を持っているみたいなのです。

聞いたことがないなという人が大多数だと思いますし、私もよく知らなかったのですが、
このクロムは体内の糖とかコレステロールを分解するのに
欠かすことのできないミネラルの一つで、体内には
6mg以下しかないミネラルとなっているようで、
海外ではダイエットサプリなどとして広く愛用がされているもののようですね。

日本ではこのようなダイエットサプリはおそらくないので、
知らないというような方も多いとは思いますが、
このクロムには他にも働きがあって、
インシュリン抵抗性を改善するための働きもあるということで、
このインシュリン抵抗性が強いと、インシュリンが上手く働かないようで、
インシュリンの分泌には問題がないというような糖尿病であれば効果を十分に得ることができるみたいですね。

クロムが不足してしまうとどうなるのか?と言いますと、これは、
GTFというブドウ糖耐性因子が上手く産生できなくなるので、
糖代謝異常を引き起こしてしまうことにもなるみたいで、
このクロムという物質は非常に重要な役割を担っているわけなのです。

血糖値が高くなると糖尿病になってしまうのですが、
このクロムの存在にも気づいておくと、
かなり予防などをしていくことができるかもしれませんね。

クロムは魚とか肉とか豆腐などといった豆類にも豊富に含まれていますので、
食欲がなくて食べることができないというような場合であれば、
サプリメントから摂取をしていくという方法もあります。

血糖値とアルコール

血糖値が高くなってしまう一つの原因としましては、
アルコール飲料の摂取があるわけなのですが、
「血糖値が高いからじゃあアルコール飲料は飲まないようにした方が良いのか?」

と言うと、そういうわけでもなく、アルコール飲料を飲むことをやめなくても
血糖値を下げていくことは十分に可能であるということのようですね。

しかし、飲むお酒の種類には注意をする必要があるみたいで、
いくらカロリーが控えめのお酒を飲んでいるからといって必ずしも安心というようなわけではないみたいなのです。

ビールや日本酒や紹興酒といったアルコール飲料には、
糖質がかなり含まれているということで、この糖質を取り過ぎてしまうと
血糖値を急激に上昇させてしまうことにも繋がってしまいますし、
糖分ばかりを取り過ぎてしまいますと、肥満体質を引き起こしてしまいますので注意が必要になりますね。

しかし、糖分の少なめのアルコール飲料で
例えば焼酎とかウイスキーなどを飲むようにすると良いみたいです。

これらのアルコール飲料には、糖質が少なめですので
血糖値もそれほど急激に上昇せずに緩やかに上昇するみたいで、
あまり血糖値が急激に上昇するのは体に良くないので、
体のことや血糖値のことを考えるならば、こういうお酒を飲むようにして、
糖質が多く含まれているアルコール飲料はできるだけ避けていくようにした方が良いかもしれませんね。

アルコール飲料には血糖値を下げる作用もあるということで、
空腹時に飲み始めると、低血糖になってしまうということですので、
できるだけ糖質制限をすることのできるおつまみを食べるなどをしてから、
アルコール飲料を飲むようにした方が体に良いみたいなのです。

顎関節の違和感

症状が軽かったりするとついつい病院に行くのを面倒がって後回しにしてしまいがちですが、次のような疑いのある方は早いうちに(症状がなくてもとりあえず診察をうけてください。)診察を受けたほうが身のためです。

1.食べものを食べるときに顎の関節がカクカクやコキコキといった音がする。ならないことが正常な状態であるため、音の大きさは関係ありません。
2.音はならないが、口の開閉の際に関節に違和感がある。

3.口の開閉の際に痛みがある。

1と2の症状は初期から中期でそれほど深刻ではありませんが、普段かたい食べものをあまり口にしなくなった現代人にとっての潜在患者数はかなり多いといわれています。

3になると食事にも支障をきたし、日常生活への影響も深刻になってきます。また重症化すると外科手術をしないと症状が緩和されないといったケースもありますので早急に診察を受ける必要があります。

顎関節の場合は、大きな病院なら口腔外科、歯医者の場合は詳しい検査や継続的な治療はは難しいかもしれませんが症状を相談することは可能ですし、大学病院などの紹介状を書いてもらうことで今後の治療へとつながっていきます。(歯医者でも中には顎関節専門医として治療されているところもあります。)

また顎関節の不調はめまい、頭痛、肩こり、耳鳴りといった不定愁訴を引き起こす原因にもなると言われていますので、日頃からこういった症状に悩まされている人は、今一度自分の顎関節に違和感はないかチェックしてみる必要があるかもしれません。

エイジング対策のスキンケアについて

肌は年齢とともに老化していくものです。なぜならば、20歳をピークにして肌の潤いを保つセラミドやヒアルロン酸は減少していくからです。

よって、乾燥して肌の潤いがなくなってしまうのです。また、長年浴び続けた紫外線もシミ、しわ、乾燥の原因になります。

このようなお肌の老化を止めるには、ちゃんとしたスキンケアをすることがとても大事になってきます。そこで、これから効果的なエイジング対策のスキンケア方法を紹介していきます。まずアンチエイジングの第一歩は、紫外線対策です。

なぜなら、紫外線はメラニン色素の発生を促す作用があり、シミの原因になったり、肌のハリを保つコラーゲンを破壊して、シワの原因となったりするからです。よって、紫外線対策をしっかり行うことが、肌若返りの一歩になります。

紫外線対策で有効なのは、日焼け止めクリームです。日焼け止めクリームは、ただ塗れば良いというわけではありません。効果的な塗り方があります。

やり方は、顔や腕など日光に当たる部分を中心にむらなく塗っていくことです。特に鼻や目の下、ほおの部分などの紫外線が当たりやすい部分は、日焼け止めクリームを二度づけするなどしっかり塗ったほうが良いです。そのほかにも外出時には、帽子やサングラス、ストールなどを巻くことも効果的といえます。

もうひとつの効果的なエイジング対策のスキンケア方法は、セラミド、コラーゲンなどの保湿成分入り化粧水を使用することです。保湿成分化粧水には、皮膚に潤いを与えて乾燥を防いでくれる作用があります。ですから、しわやたるみ、ハリの減少につながります。

また、最近注目されているリピジュア入り化粧水も効果的です。これは、ヒアルロン酸の2倍の吸湿性を持ち、肌荒れを抑制する効果もあるとして話題になっているのです。持続性があり、水洗いしても効果が落ちることはありません。

肌の老化に悩んでいる人は、上記のスキンケアを実践してみてください。

バストアップに効果的なサプリ

バストアップをする為には、胸の成長に必要な栄養素をたくさん摂取する必要があります。日常生活において必要な栄養素に加え、さらにバストが成長するために必要な栄養素を余分に摂取する必要があるのです。

そのためバランスのとれた食事だけでは、栄養素が少ないために、サプリメントを利用して栄養素を摂取することをおすすめします。

バストアップに必要なことは、良質なたんぱく質と成長ホルモンと女性ホルモンです。これらの要素が欠けてしまうと、健康的にバストアップを行うことは難しくなってしまいます。これは食事から摂取する栄養素だけでは足りないために、個別で摂取する必要があるのです。

特にバストアップでは成長ホルモンと女性ホルモンの分泌が大切になります。胸の大きさは成長ホルモンと女性ホルモンの量で決まるのです。そのためこれらのホルモンを分泌を促進してくれる栄養素を摂取することが大切になります。

成長ホルモンを分泌させるためには、たんぱく質を摂取することが大切です。たんぱく質は体の細胞の原材料になります。そのため健康的な体を作り上げるためにはとても大切です。成長ホルモンはたんぱく質の量が少ないと、効率良く分泌されることが無くなってしまうのです。そのためたんぱく質を積極的に摂取する必要があります。

しかし通常の食事からたんぱく質を摂取しようとすると、食品に含まれているたんぱく質の量は意外と少ないために、たくさん摂取しようとすると余分なカロリーも摂取してしまうことになります。そのためプロテインなどのサプリから摂取することをおすすめします。

女性ホルモンの分泌を促してくれる栄養素は、イソフラボンです。

イソフラボンは体内で女性ホルモンと似たような働きをしてくれるので、バストアップに役立ってくれます。またゴマなどに多く含まれているリグナンという栄養素も女性ホルモンと似た働きをしてくれるために、効果的です。これらの栄養素は食事からまとまった量を摂取することは難しいので、サプリメントから摂取することをおすすめします。

乾燥肌の原因を知って対策と予防を始めましょう

かさつく乾燥肌は肌の状態が弱っている状態です。敏感で傷つきやすくなっているため、少しの刺激でも肌荒れを起こすことがあります。

肌の構造は大きく分けて表皮と真皮からなり、外側が表皮で奥に真皮があります。表皮は約0.2mmほどの薄さですがとても大きな役割を持っており、外部からの刺激や異物の侵入を防御したり、肌が抱えている水分が減少するのを防ぎ、肌の内部を守るためのバリアとなっています。

中でも表皮の最も外側にある薄さ約0.02mmである「角層」が果たす役目は大きく、肌のバリア機能に大きな関わりを持つ細胞間脂質があります。細胞間脂質は角層細胞の隙間を埋めるように存在するセラミドなどで、このセラミドなどの細胞間脂質の状態は肌のバリア能力や保湿能力を左右します。

乾燥肌は肌のバリア機能が衰えている、または壊されている状態であるといえます。原因としてあげられるのは過剰なスキンケアや有害な化粧品成分の長期使用などです。肌に必要以上のスキンケアを施して過保護にすると、肌が本来持っているたくましい保湿能力が低下するとされています。

そしてメイクを落とす時に使用するクレンジングは、洗浄力が強ければ肌に必要な潤いも一緒に洗い流してしまいます。毎日使用するスキンケア化粧品などには、長期使用することで肌に悪影響をもたらす可能性のある化学物質が配合されていることがあります。

使用すると必ず起こるというわけではありませんが、代表的なものに「合成界面活性剤」があります。合成界面活性剤は化粧品の有効成分を肌の奥に届けるため内部を保守している肌のバリアを壊すことがあります。

化粧品成分や作用がどのようなものかを知り、現在使用中の製品の中身を確かめることでこれらの原因を取り除くことができます。

乾燥肌の対策と予防は、肌の力が回復するまで適度な保湿をし、肌のバリアを壊さない成分で作られたスキンケア化粧品を使用することです。

冬場など強い乾燥肌に見舞われる時は、保湿効果抜群で肌に害のないワセリンを薄く塗るのも効果的です。肌と相談しながら必要最小限のスキンケアを心掛けることが大切です。回復するまでの期間は長くかかりますが、皮がめくれるほどの乾燥や乾燥からくるニキビが改善する人は多く、効果は確かなものといえます。

ダイエットをやって伸びた皮をもどす

長い妊娠生活終わり、やっとの思いで可愛い赤ちゃんを産んだのはよいのですが、自分の体の方を改めて見てみると子供を産む前とずいぶんスタイルが変わっていることに気づきます。

どんなに妊娠前にスタイルの良い人でも、妊娠をすれば多少体型は変わるものです。

みんな同じ条件ではあるのですが、妊娠して子供を産んだ後のケアをするかしないかが重要なことなのです。

妊娠時にものすごく食欲が出て、たくさん食事をとっていたのでそれがおまけとなってついたままなのです。

妊娠している時は、その贅肉もある程度は必要だといいます。

赤ちゃんを守るための、羊水や水分などもだいぶ含まれているのです。

出産後にその贅肉は、おとそうと思っても簡単に落ちるものではありません。

贅肉はダイエットを試みればなんとかなるものなのですが、伸びた皮をどうにかするのは至難の業がいるものです。

伸びた皮は、皮膚自体が変形した状態ですのでその皮膚をどうするかが問題です。

自分で行う場合はコルシェットやサポータ―などがありますので、引締めクリームなどと一緒に使うと効果が得られると言われており様々な商品を見かけます。 多くの女性はそれらを使用してみて、産後ダイエットを試しています。

それでもあまり効果を得ることができないとなると、その他にも産後ダイエットを試みる多くの女性がエステやサロンへ行き産後ダイエットをやります。
そこでは独自の特殊な方法を行って、それらの伸びた皮や贅肉の施術をしてもらえます。
やり始めて、すぐに効果が出るということはありませんのでしばらくは通い続けることが必要になります。

いずれにしても産後ダイエットは、出産が終わってからすぐに開始しないとその効果はないと言います。
時間が経つごとに、変形した皮膚や贅肉は元には戻りにくくなるのです。

女性としていつまでも美しくきれいであるためにも、出産が終わったら早めに産後ダイエットを始めるよう心がけたいものです。